閲覧支援ボタン
文字サイズ
コントラスト
言語

ATHLETE

選手を知ろう

世界の舞台で戦うアスリート。
それは、一人の人間の物語。
知ればきっと、強さの理由がわかります。

競技アイコン(陸上競技)
競技アイコン(陸上競技)
佐藤 拳太郎さんの写真
競技アイコン(陸上競技)
秦 澄美鈴さんの写真
競技アイコン(走幅跳)
MORE
髙橋渚

2000年東京都生まれ。女子走高跳(1m88cm|日本歴代8位 ※2024年5月時点)。東京高校、日本大学卒。メイスンワーク株式会社から2024年1月にセンコー株式会社へ所属。 2022年の日本陸上競技選手権での初優勝を皮切りに、翌2023年の同大会を連覇。一躍、国内の女子走高跳をリードする存在へ。2024年には心機一転、センコーへ移籍。2月には連続して自己ベストを更新し、日本歴代8位へと躍り出る。5月にはさらに記録を更新し、1m88cmを跳ぶ。 20年の歴史を塗り替えうる存在として、期待の高まる若きハイジャンパー。

2000年東京都生まれ。女子走高跳(1m88cm|日本歴代8位 ※2024年5月時点)。東京高校、日本大学卒。メイスンワーク株式会社から2024年1月にセンコー株式会社へ所属。 2022年の日本陸上競技選手権での初優勝を皮切りに、翌2023年の同大会を連覇。一躍、国内の女子走高跳をリードする存在へ。2024年には心機一転、センコーへ移籍。2月には連続して自己ベストを更新し、日本歴代8位へと躍り出る。5月にはさらに記録を更新し、1m88cmを跳ぶ。 20年の歴史を塗り替えうる存在として、期待の高まる若きハイジャンパー。

競技アイコン(陸上競技)
早瀨 憲太郎&久美さんの写真
競技アイコン(自転車競技)
岡田 拓也さんの写真
競技アイコン(サッカー)
山田 真樹さんの写真
競技アイコン(陸上競技)
長谷山 優美さんの写真
競技アイコン(バレーボール)
MORE
辻 悠佳

1993年兵庫県生まれ。株式会社JTB所属。先天性の難聴。現時点で唯一の女性オリエンティア。
2022年、オリエンテーリングを始めてわずか一年で全日本オリエンテーリング選手権の年齢別クラスで入賞する。ロングW21AS 3位、ミドルW21AS 優勝、スプリントW30A 2位。
登山・トレイルラン・クライミングもやっており、一年を通して山に入っている。
エリートクラス(日本選手権)出場権獲得を目指すとともに、東京2025デフリンピックでのメダル獲得を目指す。

1993年兵庫県生まれ。株式会社JTB所属。先天性の難聴。現時点で唯一の女性オリエンティア。
2022年、オリエンテーリングを始めてわずか一年で全日本オリエンテーリング選手権の年齢別クラスで入賞する。ロングW21AS 3位、ミドルW21AS 優勝、スプリントW30A 2位。
登山・トレイルラン・クライミングもやっており、一年を通して山に入っている。
エリートクラス(日本選手権)出場権獲得を目指すとともに、東京2025デフリンピックでのメダル獲得を目指す。

新着記事

陸上競技・髙橋渚 | “女子最古の記録”に挑む。「1cm」を積み重ねる楽しさ

1m96cmという女子走高跳の日本記録は、2001年以来更新されていない女子『最古』の記録です。多くの選手が挑んでは阻まれ、長い年月が経過しました。現在、その記録更新に最も近いのが24歳の髙橋渚選手です。日本選手権は2連覇中。173cmと目を引く長身で、今年5月には1m88cmの自己ベストをマークしました。成長著しい走高跳のホープは、楽しみながら課題と向き合い、高い壁への挑戦を続けています。

陸上競技・豊田兼 | “異色ハードラー”のプライド「110と400を両立できるのは僕しかいない」

日本の男子ハードルはかつてないほど有力選手がひしめき合い、各々が鎬を削っています。そうした状況において、110mHと400mHの両種目で世界の舞台を目指しているのが豊田兼選手です。求められる性質が違うこともあり、この2種目の両立は極めて異例。身長195cmと恵まれた体躯を誇る異色のハードラーは、この難しい挑戦について「できるのは僕しかない」とプライドを覗かせています。

デフオリエンテーリング・辻悠佳 | 「失格」から芽生えた競技への情熱。道なき道を走り続ける先駆者に

オリエンテーリングは地図やコンパスを活用しながら、山野に設置されたコントロール(チェックポイント)を通過し、いかに速くゴールにたどり着けるかを争う競技です。道なき道をどのように進むかを判断し、荒れた土地を駆け抜ける身体能力も求められます。その過酷な競技に日本女子で唯一挑んでいるのが辻悠佳選手です。言わば「先駆者」でもある彼女は、なぜオリエンテーリングの世界に足を踏み入れたのか。競技を始めたきっかけや東京2025デフリンピックへの思いを伺いました。

デフ陸上・岡田海緒|狙うは大学時代の自分を超えて手にする金メダル

3つの日本記録を持ち、女子デフ陸上を牽引する岡田海緒選手。カシアス・ド・スル2022デフリンピックでは1500mで銅メダルに輝きながらも、本命の800mでは新型コロナウイルスの影響による日本選手団の途中棄権のため、走ることが叶いませんでした。3年越しのスタートラインに立つことを目指す彼女に、これまでの陸上人生を振り返りながら2025年への想いをうかがいました。

陸上競技・山縣亮太 | “日本最速”の男は「辛抱の時間」を経て、再び強くなる

ここ数年、日本の男子100mは9秒台の自己ベストを持つ4選手を筆頭に、群雄割拠の様相を呈しています。その中で9秒95の日本記録を保持しているのが山縣亮太選手です。過去3回のオリンピックに出場し、リオ2016大会では4×100mリレーの一員として、銀メダル獲得に大きく貢献しました。東京2020オリンピック以降はケガもあり、「辛抱の時間」を過ごしていましたが、今年32歳になる“日本最速の男”は、今も確かな成長を実感しています。